キャッシングを利用する前に必ず確認しておきたいこと、注意点を解説

キャッシングを利用する前に知っておきたいこと

会社の種類と特徴

現在、個人向けの小口の貸付を行う金融会社は、大きく分けて5種類存在します。
一つは「銀行のカードローン」。次に「信販系のカードローン」。そして「銀行系のカードローン」、「クレジットカードのキャッシング枠」、「消費者金融専業」という5種類です。
それぞれ特徴と内容が異なりますので、ここで説明していきます。

銀行のカードローン

現在、個人が小口の借入をする中で一番安心感が高いのがこの銀行のカードローンです。
かつては、銀行の審査となると数週間かかり、急な出費や月末までの生活費の足しに
といったような利用はとてもできるような商品ではありませんでした。

しかしながら、個人向けの小口融資を専門としている消費者金融をグループ会社、子会社化し
ノウハウの取得を行ったり、保証会社とすることで劇的に利便性を向上させました。

今では、銀行のカードローンであっても、最短即日で借入可能な会社もあり
借入という部分の利便性では、専業の消費者金融に近づき、利用しやすい商品となりました。

銀行の商品だけあって、貸付金利は安く設定されているケースが多く、利用者にとってはお得な商品が多くなっています。

銀行系の消費者金融

銀行系の消費者金融は、専業が非常に好調だった時代に銀行と消費者金融の共同出資により生まれました。

銀行にとっては、消費者金融の利益率の高さは魅力的であり(当時は上限29.2%の金利をトルことが法律的に認められて
いました。)消費者金 融にとっては、銀行という資金的後ろ盾、ネームバリューは魅力的で、お互いの利益が一致し生まれ
ました。

三菱東京UFJグループの「キャッシュワン」や三井住友銀行グループの「アットローン」、三菱東京UFJ系の「モビット」等
が有名なところです。

現在は、銀行本体がカードローンを提供する事になったことで、銀行系の会社の
優位性が無くなり、うりが消えてしまったので、一番貸付残高が大きく、利益も上がっていた「モビット」のみが残り、
その他の会社は、関連の消費者金融に吸収合併され存在を終わらせることとなりました。

専業消費者金融

いわゆるサラ金と言われた、個人向けの小口融資の金融会社が消費者金融で
大手では一兆円を超す貸付残高の会社も現れ、一時期は最も儲かっている業界の一つでした。

しかしながら、度重なる法律改正による、貸付上限金利の引き下げにより多くの中小企業は、リスクのある個人への貸付を
行えなくなり、次々に倒産、営業終了となっていきました。

一時期は栄華を極めたと思えた消費者金融も、上限金利の引き下げに加えて過払い金請求によって大手でさえ、銀行の傘下に
入るなどしてはいますが非常に厳しい経営状態と言えます。

消費者金融やカードローンを選ぶ際のスペック比較や商品詳細はセカンドキャッシングが便利→コチラから